益子焼(ましこやき)栃木県

Share on email
Email
Share on print
Print
益子焼(ましこやき)栃木県
webmaster

webmaster

益子焼(ましこやき)

益子焼(ましこやき)は、栃木県芳賀郡益子町周辺を産地とする陶器です。 毎年、ゴールデンウイークと11月3日前後に「益子大陶器市」が開催され、500を越える店舗が出て賑わっています。

砂気の多いゴツゴツとした土の質感をもち、材料の性質上割れやすく、重いという欠点もあります。

益子焼の最も基本的な釉薬(ゆうやく)は漆黒(しっこく)や「柿」と呼ばれる赤茶色、飴色(あめいろ)を出す鉄釉(てつゆ)です。石材粉や古鉄粉を釉薬にし、犬毛筆で色づけを行う為、重厚な色合いとぼってりとした肌触りに特徴があります。

こうした昔ながらの施釉は土鍋や土瓶、片口といった、肉厚な陶器に使われます。民芸運動以来、濱田が得意とした杓掛け・流し掛け・掻き落としの技法を使った紋様を施した鉢や皿などが有名となりました。他にも信楽焼流の絵付けを施した山水土瓶や、呉須(コバルト顔料)を使った陶器も多いです。

お勧め商品

View:12/48/All/
Filter

結果の1~8/4370を表示しています

株式会社プランタン山田

〒463-0097 名古屋市守山区川村町1番地1

Tel: (052) 758 – 5432
Fax: (052) 758 – 5435
Email: shop@plantan.jp

営業時間: 月 – 金 9:00 – 17:00