唐津焼(からつやき)佐賀県

Email
Print
唐津焼(からつやき)佐賀県
webmaster

webmaster

唐津焼(からつやき)

唐津焼(からつやき)は、近世初期以来、現在の佐賀県東部・長崎県北部で焼造された陶器の総称です。日常雑器から茶器までさまざまな器種があり、作風・技法も多岐にわたります。茶碗は古くから「一楽二萩三唐津」と称されて名高いです。

唐津焼の特徴は李氏朝鮮(一説に、華南)から伝わったとされる伝統的な技法が今に根付いているところです。特に蹴轆轤、叩き作りといった技法は古唐津から伝わる技法で、現在もこの製法を行っている窯があります。窯は連房式登窯という大がかりな窯を用い、そこで1300度の高温で一気に焼き締めます。意匠は茶器として名声を馳せただけあって、非常に素朴で、それでいながら独特の渋みがあります。

唐津焼の種類は時代によって様々な焼き物が焼かれましたが、大きく分けて次のようなものがありまする。

絵唐津

器に鬼板と呼ばれる鉄溶液を使って花鳥、草木といった意匠を描き込んで、灰色釉など透明な釉薬を流し込み、焼成したものです。土色の器肌と単純でありながら伸びやかな意匠が相俟って、独特のわびしさを生み出します。

朝鮮唐津

李氏朝鮮の陶工から伝わった伝統的なスタイルです。黒色を付ける鉄釉を上から流し、白色を付ける藁灰釉を下から掛けたもので、二つを交わらせて風景を表すもの。上下逆の物もあります。

斑唐津

長石に藁灰を混ぜて焼成する事で粘土に含まれる鉄分が青や黒などの斑になったものです。独特のざんぐりとした風合いは茶器に好まれます。

三島唐津

朝鮮の陶器、三島手の技法を受け継ぎ、日本風にアレンジしたものです。象嵌の一種で、器が生乾きのうちに雲鶴や印花紋などの紋様を施し、化粧土を塗って、仕上げ作業を施し、その上に長石釉、木炭釉を掛けて焼成したものです。

粉引(こびき)唐津

褐色の粘土を使用、生乾きのうちに化粧土を全面に掛け、乾燥させた後に釉薬を掛けたものです。

奥高麗(おくごうらい)

高麗茶碗の井戸、呉器、熊川風の造形の茶碗で、通常、無地です。和物茶碗として極めて評価が高いです。

瀬戸唐津・青唐津・黄唐津・彫唐津・刷毛目唐津・櫛目唐津・蛇蝎(じゃかつ)唐津・二彩唐津

お勧め商品

表示数:60/120/全て/
フィルター

結果の1~8/4370を表示しています

株式会社プランタン山田

〒463-0097 名古屋市守山区川村町1番地1

Tel: (052) 758 – 5432
Fax: (052) 758 – 5435
Email: shop@art-east.net

営業時間: 月 – 金 9:00 – 17:00